雛人形
選び
雛人形職人の技
雛祭りの楽しさ
      
お雛様が
できるまで
姫の着せ付け  
殿の着せ付け
           
製作風景
ビデオ
        
楽しい
ひな祭の

思い出作り
 
我が家のひな祭
 紹介
触らせ遊ばせ、
豊かな心作り
 
お雛様のお料理 
 姫はお嬢様の
身代わり
 登場人物紹介
        
間違った
お雛様の話
 
おひな様の傷
触らせない
髪の毛が伸びる
お雛様の歌 
早く仕舞わないと嫁に行けない
お雛様のおさがり
 
 日本人と
人形の歴史
 土偶
 埴輪
 形代
 天児
 這子
 
お雛さま
左右ドッチ
 
 関東式と京式
即位の礼、並び方の真実 
西洋の並び方の意味 
 左上位の文化
 お雛様の並び方
 
 会社概要と
地図
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

  間違っているお雛様のはなし

おひな様が傷付くのは悪い事?

 良くお母様から質問を受ける事に、「おひな様が汚れてしまいましたが修理はできるでしょうか?修理しないと良くないでしょうか?」と聞かれます。
 詳しく聞いてみると、お雛様が汚れると娘に不吉な事が起こるのではないか?と心配している事が解りました。これは全くの正反対な事なのです。
 おひな様は、持ち主(お嬢様)の身代りとして存在している人形ですから、お子様の代わりに犠牲になり、汚れたり傷ついてくれたのです。 その分、お子様が難を逃れた事で、喜ぶべき事なのです。
 ですからいい機会ですから、お子様によくお話してあげて下さい。お雛様が(いとお)しく思え、感謝の気持ちも芽生え、物を大切にする心を養う絶好の機会です。きっと素晴らしい女性に成長されるでしょう。
 詳しくは、「日本人と人形の歴史」 で説明しています。

おひな様を触らせない

 お母様が選んで気に入ったお雛様を「大切にしたい」と思う気持ちは良くわかります。
 しかし、あまりにも大事にするあまり、お子様に触らせないようにと手が届かないはるか高い所に置いたり、叱ったり、出した手を叩いてしまったりすると、子供心にお雛さまに嫌な思い出が残る事に成ります。「お雛様を見ると怖いお母さんの顔を思い出す!!」なんて事になってしまいます。詳しくは「家族で楽しいひな祭の思い出をつくりましょう」のページを読んで下さい。


人形の髪の毛は伸びるの?   

 よくテレビ番組で「髪の毛が伸びる人形!!」などと放送されますが、私も一応確認の為に数多く観察してきましたが、全てが間違いだと断言できます。
 良く見ると、どれも伸びていると言っても元の長さの2倍以上に成っている物はひとつも在りません、みな適当な長さに伸びたように見えるだけです。もしも本当に伸びるのでしたら、元の長さの3倍4倍の長さになっている人形もあっていいはずです。
 種明かしをしますと、それらの人形の髪の毛は元々完成時の長さの2倍の長さがあり、それをU字型にして、真ん中を頭に植え込んで接着して作る物が有ります。
 そうした物の中には粗悪品も有り、古くなり接着部分が腐食してきて植えた髪の毛は抜けてきます。(勿論もっとしっかり作っている物がほとんどです。)
 もうお解りですね、抜けた髪の毛が絡み付いてまるで伸びているように見えるだけなのです。 

   
お雛様の歌の詩は間違いだらけなの?

 お雛様の歌は数多く有りますが、一番良く歌われるのが「うれしいひな祭」だと思いますが、しかしこの歌詞の下記赤字部分は間違いだと言わざるを得ません。
 1936年(昭和11年)に、レコード発売された童謡ですが、故人の名誉を傷つける気はありません。おそらく作詞家の先生も雛人形業界の人間に確認されて作詞した事と推測しますが、どこで間違ってしまったのか、不幸な事だと言わざるを得ません。

(1) あかりをつけましょ ぼんぼりに    お花をあげましょ 桃の花
  五人ばやしの 笛太鼓   今日はたのしい ひな祭り

(2)
お内裏様(ダイリサマ)と おひな様   
   二人ならんで すまし顔
   お嫁にいらした ねえさまに 
   よく似た官女(カンジョ)の 白い顔
 「内裏」とは天皇の私的区域の事を指します。ですから、「お内裏様」とは、殿だけを表すのではなく、雛人形の場合「殿と姫の両方」を表す言い方です。
 また、「おひな様」も男雛と女雛の二人で一対の事を表すので、「お内裏様とお雛様」とはただ同じ事を繰り返していることになります。正しい意味で書くならば「御殿様とお姫様」とすれば良かったでしょう。


(3) 金のびょうぶに うつる灯(ヒ)を    かすかにゆする 春の風
   すこし白酒(シロザケ) めされたか    赤いお顔の 
右大臣(ウダイジン)
 
「右大臣」と書いてしまった事で、2つの間違いが生じてしまいました。まず五人囃子の下に居るのは「右大臣・左大臣」ではなくて随身(ずいしん)です。いわば、近衛兵(このえへい)(宮中警備の兵士)です。 それが証拠に弓矢・太刀で武装しています。右大臣・左大臣なら笏(しゃく)を持たなくてはいけません。そして飾る段は五人囃子よりも(くらい)が高いので、上段に飾らなくてはいけません。
 今ひとつは、左右の違いです。おひな様の場合左右の決め方は殿から見て左・右と決めます。ですから右大臣ではなく、「左の随身」が正解です。
 同様の事が京都市の左京区・右京区の配置に見られます。京都の地図 を よく見ると、右側に 「 左京区 」 があり、左側に 「 右京区 」 があります。これは、平安京の内裏にいた天皇 が、南向きに座って政務を行った ( 「 天子南面す 」 ) ので、天皇が南を見て 「 左 と 右 」、つまり 東側が 「 左 」、西側が 「 右 」 となるのです。
 
京都御所の 「 紫宸殿 」 ( ししんでん ) の前庭にある 「 左近の桜 」 ( さこんのさくら ) と 「 右近の橘 」 ( うこんのたちばな ) も、前庭から見ると左右が逆 ですが、本来は 建物の内 ( 天皇 ) から見て 「 左、右 」 なのです。

(4) 着物をきかえて 帯しめて   今日はわたしも はれ姿
   春のやよいの このよき日   なによりうれしい ひな祭り 

しかし親しみやすく良い歌である事は間違いありません。お子様に歌ってあげてくださいね!!


早く仕舞わないと嫁に行けないの?

 「おひな様を早く仕舞わないとお嫁に行けない」そう昔から言われている事は事実です。
 これを心配して慌ててお父さんお母さんが「一生懸命に仕舞ったわ。」と言われる親御さんもいらっしゃると思います。でもそれはチョット違いますね。お母様は無事お嫁に行けたのですから。

 おひな祭「桃の節供」の原型は、流しびなの厄払いですから、その日のうちに川に流してしまわないといけませんでした。そこから「すぐに仕舞わないと・・・」と繋がった訳です。
 そして、「自分の物はすぐに仕舞いなさい」とご両親が娘の(しつ)けの為に言った事でした。それでも、なかなか云う事を聞かない子供に「自分の物を仕舞う事も出来ないような、だらしない娘は、誰もお嫁にもらってくれないよ」と叱ったのです。
 戦前までの日本では、未婚の女性が「嫁のもらい手がない」と言われる事は致命的な事でしたので、この言い方が今に残った事なのです。
 ですから、皆様のお嬢様にも、自分の物を自分で仕舞えるような立派な女性に育てられる事も、おひな様を通じて学べられたら良いですね。


お母様のお雛様
を娘が受け継ぐのは×

 旧家に何代にも渡るお雛様が保存されたりしています。しかし、それは一組のおひな様を使い回しているのではなくて、それぞれの代に、それぞれのお雛様が保存されているのです。
 他のページでも色々説明してきた通り、お母様のお雛様はお母様の身代りで、数多くの(やく)(悪い物)を身代りに背負って居てくれます。立派に「お役目御免」に成っています。
 お嬢様にはそんなお母様の悪い所を背負った物でなく、真新しいお雛様を用意しするのが本来の意味です。ご姉妹で共有する事も同様に避けられる事をお勧めします。
 仕舞い場所にお悩みでしたら、今年はお嬢様の真新しいお雛さまと一緒に飾り、も一度お人形に感謝していただき、お祭り後に人形供養に出していただくのが良いと思います。
 人形供養はそれぞれの地域の人形協会等で、行なわれています。

 

                                     
 ページTopへ▲